新米まま、ふわっと気ままに

きのこの山派です。ふわっとブログ。

産後うつについて。

こんにちはー

一昨日の荒れた天気から打って変わって昨日は青空が見えているので嬉しくなって朝からお洗濯を張り切ってしまいました!また今日の午後から雨...。浸水被害が出たりと、これからも天気には注意しないといけませんね(´・ω・`)



さて、本題ですが
さきほどニュースアプリで見つけた記事について。

akasugu.fcart.jp


子供への虐待のニュースを見て「わかる気がする」と思ってしまう自分がただただ怖かった。

という文を読んで、数ヶ月前の自分を思い出しました。

f:id:wake3:20160624000613j:plain



私は昨年9月に出産を終えてすぐに、産後うつになりました。その時の私も同じように虐待のニュースを見ていると「わかる気がする」と思ってしまっていました。
そんな自分が怖くて。怖くて。恐ろしくなったんです。
その頃の私は毎日、なんてダメな親なんだろう。最低だ。なんでこんな気持ちになってしまうんだろう。私は親になる資格なんてなかったんだ。だめだ、ダメだ、ダメダ。
ずっとずっと、自分を責めていました。

初めての出産。初めての育児。家事との両立。
慣れないことだらけで不安とプレッシャーに完全に押しつぶされて、だんだんと引きこもりがちになっていました。
子供を連れて外に出ることが怖かったんです。「落として殺してしまうんじゃないか」なんてことを考えて。今思えば不思議なんですけど、当時は本当に真剣に怖くて。
この訳の分からない恐怖感と不安感にいつまで苦しむのか、全然出口なんて見ないし、それを考えると夜も眠れなくなり、死にたいと思えてきて、涙が溢れてきて...毎日泣いていました。

「私、どうしてしまったんだろう。」
考えても自分ではわからないし、人に相談もなかなか出来ずインターネットでいろいろと検索してやっと、自分が産後うつなんだと知りました。知ったからと言って、すぐに精神状態が安定するわけではありません。けれど「自分を責める」ようなことを考えたり思ってしまうのは産後あることで、自分の本質が変わってしまった訳じゃないんだ。と思えることが出来てほんの少し、ほっとしました。

それから、家族に相談しながら支えてもらいながら少しずつ、少しずつ前向きな思考に変わっていって、いつしか心に余裕が出来るようになっていきました。


出産前にたくさん出産や産後についての記事を読んだり、調べたりしていたので、産後うつのことも知っていたはずなのに...。【産後うつにまさか自分がなるなんて思っていなかった。自分には関係ないものだと甘く見ていた】んだな。と振り返ってみて改めて思いました。




これから出産をされる方、そのご家族へ伝えたい。

産後うつは誰でもなる可能性がある】こと。
【一時的なものだからといって甘く見てはいけない】こと。

今まさに、苦しんでいる方へ伝えたい。

【自分を責めなくても良い】こと。
【今よりもう少し甘えても良い】こと。



10人に1人いや、もしかしたらもっと。【産後うつになる人は想像よりも多い】のかもしれません。産後すぐになる人もいれば半年以上経ってなる人もいます。大袈裟だという意見もありますが、実際産後うつで自殺したり、家庭が壊れてしまうケースもあるんです。
精神的に弱り追い詰められているお母さんは何らかの形でSOSを出しています。それに気付けるように、少しだけお母さんに寄り添ってあげられたら。それだけで気持ちが軽くなったり安心できると思うんです。
【些細なことで良い】んです。最近眠れてないけど大丈夫?と声をかけてねぎらったり、ゆっくりお風呂に入る時間を作るとか。おじいちゃんおばあちゃんに子供を預けられるのであれば、夫婦でお出かけしたり、友達に会ったり、普段の疲れを癒す時間にしたり。
周りの人が早く気付いてあげることで、重症化せずに済むかもしれません。


これを読んで1人でも多くの悩んでいる、今辛い人がほんのちょっとでも楽になれば。気付いて声を掛けるきっかけになればと思います。


長くなりましたが、読んで頂いてありがとうございました。



hatenablog.com